「QUOKKA JOB」は障害があって働くことが困難・不安な方をサポートします!

健康

発達障害があって、就職することが難しい、または不安があるという方にお知らせです。

障害者雇用支援サービス「QUOKKA JOB」は、

発達障害を持った就職希望者と障害者雇用を希望する企業のマッチングから、

勤務開始後の業務サポートを行う支援サービスです。

発達障害がある人のアンバランスな様子が理解されにくい

発達障害とは、生まれつきみられる脳の働き方の違いにより、幼児のうちから行動面や情緒面に特徴がある状態です。

例えば、

・他人との関係づくりやコミュニケーションなどがとても苦手
・でも、優れた能力が発揮できる
・アンバランスな様子が理解されにくい障害です。

このように、得意・不得意が極端にあらわれます。

・自閉症の人は急に予定が変わったり、初めての場所に行くと不安になり動けなくなることがよくあります。

・アスペルガー症候群の人は自分のことばかり話してしまい自分勝手でわがままと思われてしまう。

・学習障害(LD)の人は書くことが苦手なのに会議で大事なことを忘れまいとメモに集中しようと気を取られて、かえって会議の内容が分からなくなることがあります。
・注意欠陥多動性障害(AD/HD)の人は大切な仕事の予定をよく忘れたり、大切な書類を置き忘れたりしてしまいます。

欠点が分かったうえで長所を発揮できるようにサポートが必要です。

発達障害があっても、やりがいのある仕事つくには?

引用:https://quokka-job.jp/

「QUOKKA JOB」障害者雇用マッチングサービスとは?

・面談や職場体験実習(3日間程度)をします。

・その中で得意・不得意を一緒に見つけます。

そして、就職希望者に合った企業を紹介し、就職までのサポートを行います。

・最初は、業務を覚えたり、専属スタッフのサポートを受けながら関係構築をし、

・サポートが無くても業務をこなし、所属会社の仲間とやりとりができるようになったら、準備期間終了です。

 

タイトルとURLをコピーしました