ハッカ油で猛暑を少しでも爽やかに!

健康

マスクに吹きかけると涼感を得られると話題になっている「ハッカ油」

実は、様々な用途に使える万能アロマです。

ミントの一種である和種ハッカを蒸留・精製して作られたハッカ油ですが、薬局で手軽に買えます。爽やかな香りで涼感を呼び、虫よけやお掃除にも使えます。

さらに、入浴剤や消臭にも使えますが、注意が必要なことがあります。

ハッカ油マスク用スプレーの作り方

無水エタノール 5ml
ハッカ油   3~5滴
精製水(水道水でも可)45ml
以上をよく混ぜ、ガラス製スプレー容器に入れます。
※注意
・敏感肌の人は薄めの濃度から試しましょう。
・ハッカ油は刺激が強いので、必ず、マスクの外側にスプレーして使います。
間違がっても原液をそのままつけないでください。
ハッカ油で虫よけ、お掃除スプレー
ハッカ油を直接肌に触れないようにしてください。
ハッカ油の虫除けスプレーの作り方
スプレーボトル(100ml) 1つ
(プラスチック製は変質するので、ガラス製がおすすめ)
ハッカ油 20滴
無水エタノール 10ml
精製水(または水道水) 90ml
入浴剤として使う場合は、ハッカ油は水に溶けないため、直接肌に付着すると危険ですので、重曹に混ぜて使います。
重曹カップ2分の1に、ハッカ油数的垂らしよく混ぜてからお風呂に入れます。
肌の弱い人は2滴から試してください。
重曹とハッカ油を混ぜたものは、容器に入れてトイレや靴箱の消臭剤としても使えます。

タイトルとURLをコピーしました